完全保存版|未経験からでもできる在宅Webライターの始め方マニュアル

完全マニュアル! 未経験から始めるWebライター

この記事を読んでいるみなさんの中には、こんな悩みをもっていらっしゃる方が多いのではないでしょうか。

主婦おさるさん

スキマ時間を有効に活用したい

会社員いぬくん

副業でお小遣い稼ぎをしたい

ニートねこさん

スキルがなくても自宅で収入を得たい

そんな悩みを解消するためにおすすめなのが、わたしも1年前から始めたWebライターという仕事です。頑張れば副業でも月5〜10万円といった金額を稼げます。そんなWebライターは、資格がなくても基本的な文章力と条件さえ整っていれば今すぐ始められる仕事で、働きに出られない子育て中の主婦やスキマ時間を有効に活用したい会社員、お小遣い稼ぎをした大学生に人気。誰でもチャレンジできる仕事なので、自宅で収入を得たいと考えている方には特におすすめです。

今回は、webライターに興味はあるけど何から始めていいか分からない!という人向けにライターの始め方について紹介します。

 

Webライターってどんな仕事?

簡単に説明すると、Webライターとはネット上の文章や記事を書く職業の人を指します。もっと分かりやすく説明すると、たとえば、普段みなさんがスマホで目にしているYahoo!ニュースやオールアバウトといったwebメディアに掲載してある記事を執筆しているのがwebライターです。
女性であれば、ロカリや暮らしニスタなどコスメやファッション、生活雑貨などに関する情報を発信しているWebメディアを一度は見たことがあるかもしれませんね。主にパソコンで作業を行うので、環境が整っていれば未経験からでもすぐに始められます。

 

Webライターの魅力とは柔軟な働き方と資産となるスキル

世の中にはさまざまな仕事がありますが、Webライターのように正社員はもちろんフリーランスとしても活躍できる職種はとても珍しです。自分にとって働きやすい環境を選ぶことができるのもひとつの大きな魅力になります。
そんなWebライターとして働くメリット、利点とは他にどんなものがあるでしょう。

  • 初心者でも参入しやすい
  • 自由な働き方が選べる(正社員orフリー)
  • 働く場所を選ばない
  • 仕事と子育てを両立できる
  • 仕事量を自分で調節できる
  • スキルアップできる
このようにWebライターとして働くことにより、さまざまなメリットが得られます。

雇われないフリーランスであれば出社する必要もなく、24時間好きなときに都合のよい場所で仕事ができるのです。

な の

わたしみたいに自宅療養している人にもおすすめ!

何より自分のスキルアップにつながるので、現在の仕事に役立ったり今後、自らWebサイトやブログを運営するときは大変有利になるでしょう。また手に職・スキルを身につけておけば今後、経済的トラブルが起きたとしても柔軟に対応できる余裕がもてるはずです。特にWebライターだと、基本的なパソコン操作ができれば誰でも始めやすいので、資産だけでなく自信にも繋がるでしょう。

 

Webライターのなり方・始め方

ではWebライターになるには具体的にどうしたらいいのでしょう。「何か会社のような組織に所属するの?」「仕事はどうやって請けるの?」といった疑問に答えます。この記事の冒頭でもお伝えしたとおり、Webライターは資格がなくても始められる職業です。

そのため具体的にどうやって仕事を請け、どんなふうに仕事をするのか分かりにくいといった印象を受けます。

な の

実際、わたしも始まるまではWebライターという仕事を知りませんでした
ではWebライターになるために必要な手順をひとつずつ説明していきましょう。

 

クラウドソーシングのサイトに登録しよう

クラウドソーシングとは、ネット上でお仕事を請けることができるサービスです。さまざまな職種の業務を不特定多数に向け発注したい企業や個人と、仕事を請けたい人たちをマッチングしてくれる仲介役になります。未経験でもライティング案件に取り組めることができるので、まずはこのクラウドソーシングサイトに会員登録し、簡単なライティング作業をこなし経験を積んでいきましょう。

そこで初心者ライターにおすすめのクラウドソーシングサービスを3つご紹介します。いずれも国内最大級のサービスなのでサポートも充実しており安心ですよ(^^)

  • クラウドワークス(総合型:国内最大級、案件が豊富、ランサーズと似てる)
  • ランサーズ(総合型:国内最大級、案件が豊富、クラウドワークスと似てる)
  • サグーワークス(特化型:ライティング専門、テストに合格すると1文字1円案件も)
クラウドワークスとランサーズは似ている点も多いですが、駆け出しフリーランサーには登録必須サイトといわれています。上記サイトで、もし好みの案件が見つからないときや、短時間でサクッと稼ぎたいときなど時間を有効活用するためにサブサイトとして他のサービスを利用するのもおすすめです。

他にも、さまざまなクラウドソーシングのお仕事を紹介してくれるサービスはありますが、まずはこの3つを登録し、活動すれば十分にライターとして実績をあげることができるでしょう。紹介した各サービスやクラウドソーシングについての詳細はこちらでご確認ください。
クラウドソーシングって? クラウドソーシングって?初心者でもできる副業・在宅ワーク|新しい働き方について知ろう! 《関連記事 各サービス》
次にどんな点に注意して仕事をすべきかポイントをお伝えします。

 

自分に合った案件に応募・作業してみよう

クラウドソーシングサービスに登録し、プロフィールを完成させたらいよいよお仕事を探して作業してみましょう。サグーワークス以外はライティング以外の案件も募集されているので、カテゴリの中から自分に合った仕事を探します。たとえば、クラウドワークスでは「初心者」というキーワードでライティング・記事作成の仕事を探してみると次のような案件が募集されていました。

このようにウイスキーやマンガなど自分の趣味や、興味のある事柄について記事を書き報酬を得ることもできます。
クライアントによってはマニュアルを用意してくれている場合もあるので、初めての作業でも安心です。

 

依頼形式:プロジェクト

先ほどの3つの案件はプロジェクトという依頼形式で、仕事をする人をクライアントが選ぶと作業が開始されます。
気になる内容があれば、積極的に応募して場数を踏むのが1番です。まずは1文字0.5円前後で1,500〜3,000文字程度の案件を中心に作業を始めてみましょう。

 

依頼形式:タスク

もっと気軽に始めるならタスク形式の仕事も初心者に人気です。タスク案件は、作業をしたらクライアントの承認を待つだけなので、クラウドソーシングが初めての方でも挑戦しやすいといわれています。実際、アンケートやレビュー、簡単な記事作成などの単純作業が多く募集されているので、ちょっと不安だなと思われる場合は、まずタスク案件から慣らしていきましょう。

 

クライアントに認められると継続的に依頼がもらえる

コツコツと実績を積み、クライアントから高評価を得ることができれば、継続して仕事を請けることも可能です。

そのためには、できるだけレスポンスを早く行ったり、マメに報告・連絡・相談をすることでお互いに確認しながら作業を進めるとよいでしょう。顔が見えない分、信頼感は重要視されます。もちろん仕事内容も大切ですが、このような細やかな配慮ができるとクライアントからの依頼も増えやすいです。

MEMO
また先ほど紹介した3サービスでは、それぞれ運営が定めた認定ワーカー制度を設けています。
各サービスから与えられた条件を達成した受注者には、優先的に仕事のお知らせが届いたりと仕事を得るために優位なポジションに立てるのです。
そのようなプロフェッショナルワーカーになるとクライアントからの信頼感も得やすく、結果として高収入を獲得できるようになるといえます。

 

在宅Webライターの収入って?平均どのくらいの年収なの?

単刀直入にいうとWebライターの仕事は近年、需要はありますが平均してそんなに高いわけではありません。はたらいくの調査ではライター・記者・編集者の年収は259万円、月収は18万円というデータも出ています。

理由のひとつとしてクラウドソーシングサイトで募集されている仕事の中には、1文字1円以下の案件が多くあるからといわれています。実際、2013年にクラウドソーシングでの受注額を調査した結果、月平均で5,000円未満であると答えたワーカーが6割も占めてました。

これはおそらく、タスクなど単価の低い単純作業も含まれているので、純粋にライティング案件だけを調べたわけではないでしょう。しかしクラウドソーシングでは、文字単価1円以下(特に0.01〜0.5円)の案件が非常に多い印象です。そのため、ある程度ライティング業務に慣れたら自らWebメディアに求人応募したり、仕事用のSNSやブログを開設し、そこから仕事を得ることも考えるのが賢明です。

 

在宅Webライターとして活動するうえで注意すること

在宅でWebライターをするうえで注意したいポイントや早く稼げるようになるコツについて紹介します。実体験に基づくものとさまざまな在宅ワーカーさんの意見を参考にしているので、効果の期待できる内容です。

 

文字単価1円以上の案件を狙う

クラウドソーシングで募集されているWebライティングの報酬は、1文字1円以下の案件が多いです。そのため、数万円稼ぐにも結構な時間と労力を使ってしまい疲れてしまいます。そこから抜け出すには、クライアントから認められるよう責任感をもって仕事に臨み、実績やスキルを積みあげることが重要になるのです。

そして、ある程度の実績とスキルが身についたら、文字単価の高い案件に挑戦するのがよいでしょう。また最初は低い報酬であっても、場合によっては単価アップしてもらえることもあります。クライアントのほうから仕事のお誘いを受けることもあるので、ひとつひとつの案件を丁寧にこなすことが大切です。

また先ほどお話したとおりクラウドソーシングだけでは、まとまった金額を稼ぐのは難しいので、自らWebメディアにライターとして求人応募するのも考えましょう。いずれにしても、フリーランスを目指したりもっと稼ぎたいと考えているのであれば、積極的に行動する必要があるということです。

 

条件交渉など時には積極性も必要になる

やってみたい案件があっても、クライアントが提示する条件と合わないということもあります。仕事内容で希望があるならしっかり相手と相談することも大切です。たとえば、継続して依頼をもらっているクライアントに単価アップについて交渉してみたり、納期について相談する必要もあります。このように時には積極的に自ら提案することで、効率よく稼げるようになるでしょう。

 

コツコツと継続が必要

未経験からWebライターとして活動していくには、実績とスキルを積む必要があります。そのためには、日々コツコツと努力してなくてはいけません。ライティングや執筆するカテゴリについて勉強したり、地道な営業活動やクライアントとのやり取りなど全て自分で行った結果が報酬として返ってきます。

MEMO
このように少しずつでも将来的に成長したい、今より少しでも収入を増やしたいと考えている方にはとても有意義な仕事になるはずです。比較的、誰でも簡単に始められますが、すぐ5万円稼げるような期待はしないほうがよいでしょう。

 

最低限のコミュニケーションは必要

先ほども説明したとおり、在宅ワークですがある程度のコミュニケーションは必要になります。すべてがWeb上で完結する仕事であっても、クライアント相手は人間です。快適に作業を進め、早くまとまった額の報酬を得るためにも誠実で積極的な対応が大切になります。

しかし、基本的にはネット上でクライアントとの報告・連絡・相談がメインです。対面したり電話で話したりは、副業の場合ほぼありません。そのため、できるだけ人と関わりたくないと考えている人も安心して取り組めます。たとえ、もしそんな案件があったとしても先方に相談したり、請けなければいいだけの話です。自分に合った仕事を探しながら、クライアントと良好な関係を築いてきましょう。

 

在宅Webライターに必要なもの・準備するもの

クラウドソーシングに登録しライター活動を始める場合、必要になる準備物について紹介します。次の5つの項目を揃えるのが一般的で安心です。

  • クラウドソーシング用メールアドレス(Gmail推奨)
  • クラウドソーシング用銀行口座(楽天銀行推奨)
  • ネット環境(固定回線 推奨)
  • パソコン(中古のノートPCで十分)
では、ひとつずつ詳しく説明していきます。

仕事用のメールアドレス

クラウドソーシングサイトに登録する際に必要となるメールアドレスは、普段使っているものではなく、仕事用として別に用意しましょう。Yahoo!メールでもいいですが、個人的にはドキュメントやドライブといったオンラインのオフィスアプリケーションが使えるGoogleサービスのGmailがおすすめです。

 

仕事用の銀行口座

クラウドソーシングサイトの多くは、報酬が銀行振込される際の100円〜500円ほどの手数料を自分で支払う必要があります。しかし先ほど紹介したクラウドワークスやランサーズではネットバンキングの楽天銀行に振込みすれば、通常500円の振込料が100円になるのでおすすめです。他の銀行宛に振込む場合は、400円も損をしてしまうので特別な理由がない限り楽天銀行へ入金してもらうのがよいでしょう。

 

ネット環境

Web上で仕事を行う必要があるので、ネット環境はとても重要です。安定した品質が期待できる固定回線、中でも光回線が1番よいでしょう。たとえば、最近とても話題になっているNURO 光やキャンペーンの豊富なauひかり、最大手のNTTのフレッツ光があります。

最近はフレッツ光回線とプロバイダがセットになっている光コラボサービスが人気。複雑で面倒な回線とプロバイダそれぞれの契約に関する手続きが1ヶ所で済むのが特徴です。もちろん請求もひとつなので、分かりやすく支払いの手間も省けますね。固定回線をお考えの方はぜひ検討してみてください。

\ 光コラボサービスでおすすめの商品 /

 

パソコン

記事の執筆など仕事で使うパソコンは、中古のノートパソコンで構いません。パソコンオタクである、わたしのパートナーによると次に挙げる4つのポイントを参考に選べば、一般的なライターの仕事に支障なく利用できるとのことでした。

  • CORE(コア)i5
  • メモリ容量 4〜8GB
  • ハードディスク容量 320GB
  • 15インチ(持ち運びには13〜14インチがおすすめ)
このような条件で、約3万円のノートパソコンも販売されているます。中古ですが見た目はきれいなので、どうしても人の使ったものは嫌だと思わない限り、仕事をする分には問題なく使えるはずです。

PCオタク彼

たとえば、こんなノートパソコンがおすすめ!

PCについて詳しく相談したい、費用をもう少し抑えたいと考えている方は、わたしのパートナーに直接話をしてみてください。コスパのいいパソコンや自作PCについてアドバイスしてくれます。場合によっては、約5,000円〜1万円もの節約になるかもしれません。またパソコン以外にネット契約について相談も承っています。

パートナーへの問い合わせはTwitterへ。

 

初心者Webライターにおすすめの役立つ本・サイト

最後に未経験・独学でWebライターを始める方におすすめの書籍やWebメディアを紹介します。まずは、これらの情報源から文章やWebライティングについて勉強してみましょう。

 

こぶたの鉛筆

こぶたの鉛筆を見てみる

サグーワークスが運営しているライターのための情報メディアです。文章力の向上やWebライターとして活動するうえで役立つ内容がたくさん詰まっています。無料でだれでも閲覧することができるので、まずはこぶたの鉛筆でWebライターについて情報収集をしてみてもいいかもしれませんね。

 

沈黙のWebライティング

沈黙のWebライティングを見てみる

Webライターを始めるなら欠かすことのできない超定番な「沈黙のWebライティング」です。ストーリー調になっているので、分かりやすくSEOやWebライティングに関して学べます。こちらは書籍にもなっていますが、Web版であれば無料で読むこともできるので、本を買う前に一度目を通しておくとよいでしょう。一応、書籍の情報を載せておきます

 

新しい文章力の教室

文章を書くための基本的なポイントについて分かりやすく説明しています。未経験者やライティングに自信がない方には特におすすめです。具体的で実践しやすい内容なので、まではこの1冊をしっかり読んで案件に取り組んでみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です